〜 次の世代に伝えたい心とかたち 〜

2012.06.03 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-2012.06.03 Sunday



2012.06.03 Sunday

テレビ東京 木曜8時のコンサート 舞台装花

 6月7日(木)夜8時〜 テレビ東京 7ch

舞台のお花を担当させていただきました。

演出やカメラワークまでお花を取り入れた新しい試みをしてくださり、
春夏秋冬の日本の情緒を表すお手伝いをさせていただきました。

異例のことらしいのですが、
アナウンサーの宮本隆治さん、松丸友紀さんが、
番組中に「 石草流生け花 奥平清鳳先生 」と、お花の紹介をしてくださっています。

北島三郎さん、石川さゆりさん、八代亜紀さん、氷川きよしさん、
畠山みどりさん、美川憲一さん、錦野旦さん、芹洋子さん、
辺見マリさん、山本譲二さん、鳥羽一郎さん、などなど
豪華なキャストの名曲にあわせ、お花が姿をかえていくという、
とても素敵な舞台演出にしてくださいました。

  6月7日(木)夜8時〜 テレビ東京 7ch

ぜひご覧下さいませ。

 ( お花を飾る前の舞台の様子 )
石草流生け花 奥平清鳳 テレビ東京 木曜8時のコンサート

2011.09.28 Wednesday

UIA2011 東京大会 第 24 回 世界建築会議

石草流 生け花 の 成り立ちから ゆかりのあるご縁を頂戴し、
2011年9月26日〜28日に東京国際フォーラムで催された
メインホール(5000人収容のAホール)の 壇上のお花を生けさせて頂きました。


天皇皇后両陛下 をはじめ、
石原慎太郎 東京都知事、シグメ・ティンブレー  ブータン王国首相
といった方々がご臨席の開会式典 (東京国際フォーラム Aホール)

石草流生け花 奥平清鳳

槙文彦氏、安藤忠雄氏、SANAAの妹島氏・西沢氏など世界を代表する建築家の方々が
特別講演を行った壇上を3日間、飾らせていただきました。
今回の世界大会は、
東日本大震災を受けての教訓と課題が多く盛り込まれた趣意となったようです。
日本の風情と特性を、わたしたちの強みと希望につなげて明日を築いきたいですね。

石草流生け花 奥平清鳳

どうだんつつじ紅葉、蔓梅擬        石草流生け花 井出清華家元 奥平清鳳

2011.08.21 Sunday

国賓 バイデン 米副大統領 迎え花

 国賓 バイデン アメリカ副大統領 と、アメリカ大使館随行員様 を
お迎えするにあたり、
ホテルオークラ東京 ペントハウスの全フロア、各部屋の応接間・玄関に
迎え花をいけさせていただきました。

ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳
槙、七竃紅葉
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳擬宝珠
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳
不如帰、夏櫨紅葉
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳
薔薇、ビバーナム、ヒペリカム紅葉
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳
ミニカラー、オーニソガラム、トルコキキョウ、粟、谷渡り

2010.10.03 Sunday

「心奪」東京公演 2010年

「心奪」プロジェクト    (➡「心奪」プロジェクトとは)

ヨーロッパ周遊公演を経て、東京で凱旋公演を行いました。
2010年9月23日〜26日 @東京 青山スパイラルホール

○フランス公演がフランス国営放送および現地テレビで取り上げられました。

○日本公演について産経新聞に取り上げられました。
石草流生け花 奥平清鳳

石草流生け花 奥平清鳳

ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳

ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳上演後のアフター・トークの様子

2009.12.05 Saturday

「心奪」パリ公演(ベルサイユ宮殿)

「 Shimbai心奪 」プロジェクトのヨーロッパ周遊公演、
会場の2つ目は、ベルサイユ宮殿内でございました。         (➡「心奪」プロジェクトとは )

石草流生け花 奥平清鳳

主催であるエルメス財団のイベント欄には「Shimbai心奪」が連続して記載されています。
ヨーロッパを周遊しながら多くの機会をいただきました。
石草流生け花 奥平清鳳

フランスの国営放送や現地ローカル局でとりあげられました。⇒ 映像リンク
石草流生け花 奥平清鳳

現地のLa Vie Est Belle Magazineに取り上げられました。
石草流生け花 奥平清鳳

2009.11.21 Saturday

国立フランス現代バレエ団とのコラボ「心奪」公演開始

エルメス財団共同制作 「心奪 (Shinbaï) 〜魂の略奪、あるいは飛翔〜」

エマニュエル・ユイン女史
(コンテンポラリーダンス:仏アンジェ国立現代舞踊センター芸術監督/振付家)
と、わたくし奥平清鳳との、
国境とジャンルを超えた芸術家2人によるコラボレーション作品。

室町時代の華道の花型法「立華(りっか)」をテーマに、
舞台上で生け花と身体のムーヴメントを同時に展開します。

パリの前衛芸術の祭典『フェスティバル・ドートンヌ』に
本作品で参加(ヴェルサイユ宮殿内にて開催)するのを含め、
フランスを巡回ののち、スペインを周り、日本に凱旋公演いたします。
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳

石草流生け花 奥平清鳳


以下、メゾンエルメスの紹介文からの抜粋です。

 「奥平の実践する「立花(華)」と呼ばれる花型法は、
  一瓶の中に自然の構成要素を取り入れ、神仏に対する祈りにまで昇華させた
  精神性の高い芸術といわれています。」

 「コンテンポラリーダンスと生け花、この神秘的で詩情豊かなパフォーマンスは、
  舞台全体を大きな花束と見立てて表現されます。」

 「タイトルとなった「心奪」とは、生け花の枝の神髄である一本の枝を
  我が物にしようとする主を描いた狂言演目に由来しています。」

石草流生け花 奥平清鳳

■全公演日程

Premiered at the CNDC-Théâtre Le Quai, Angers (France)
初演(フランス)アンジェ CNDC
 : from 25/11/2009 to 01/12/2009

The Orangery Rotunda at the Palace of Versailles (France)
(フランス)パリ ベルサイユ宮殿 オランジェリー広場
  : from 05/12/2009 to 05/12/2009

Couvent des Récollets, Maison de l’architecture, Paris (France)
(フランス)パリ 17世紀の静修派修道院 建築広場テラス
  : from 10/12/2009 to 13/12/2009

CCN, Le Havre (France)
(フランス)ル・アーブル CCNバレエ新劇場
 : on 12/05/2010

Convento San Agustino, Barcelona (Spain)
(スペイン)バルセロナ 16世紀プラテレスコ期の修道院
 : from 19/06/2010 to 20/06/2010

Spiral Hall, Tokyo (Japan)
(日本)東京 スパイラルホール
 : from 23/09/2010 to 26/09/2010


■協賛・後援・協力
フランス国立現代舞踊センター(CNDC)
エルメス財団
The Festival d’Automne à Paris
Ministére de la Culture et de la Communication
Institut français
資生堂
アサヒビール 芸術文化財団
全日空
spiral
国際交流基金

■リハーサルの様子



活動:立華花所望2009.11.21 Saturday



2009.09.28 Monday

エルメス財団主催 花所望展

2009年9月に、プロジェクトShimbaiの一貫として、
奥平清鳳 「立華 花所望展」 を催しました。

石草流生け花 奥平清鳳
立華

2009.05.10 Sunday

「日蘭通商 400 周年記念」立華

 2009年は「日蘭通商400周年記念」の年です。

日本橋を中心とした江戸の下町と
アムステルダムはゆかりが深く、
この日蘭通商400周年を記念いたしまして、
オランダ大使館と、日本橋ロータリークラブの共同プロジェクト
「チューリップと桜による日本橋レセプション」が催されました。

レセプションパーティー会場の壇上の立華を生けさせて頂きました。
石草流生け花 奥平清鳳
二国間の親睦の象徴としてチューリップと桜の立華といたしました。

2008.10.12 Sunday

ららぽーと豊洲「飾り花展」第5回 みんなでお月見

 10月12日(日)、
ららぽーと豊洲「飾り花展」第5回をいたしました。

今回のテーマは「お月見・十三夜」
十三夜のお月見をテーマに
生け花、月ウサギの折紙、版画 の 体験イベントを行ないました。

石草流生け花 奥平清鳳   石草流生け花 奥平清鳳
お月見は
「十五夜(旧暦8月15日つまり9月中旬)」と
「十三夜(旧暦9月13日つまり10月中旬)」におこない、
どちらかしかしないのを「片見月」といって縁起が悪く忌み嫌われます。

十五夜はお月見団子と芋や粟とお酒を供えて豊作を祈るもの、
十三夜は食べ頃の大豆や栗などを供えた収穫祭、
という意味があるので両方やるのです。

石草流生け花 奥平清鳳

なにをお供えするかを由来として、
十五夜を「芋名月」、十三夜を「栗名月」「豆名月」ともいいます。

十三夜は日本独自の風習なのですが、十五夜は中国から伝来したもの。
中国では、みなさまご存知「月餅」を作ってお供えします。
それが日本に入ったときに月見団子になりました。


2008.09.20 Saturday

国賓 オバマ大統領 迎え花

国賓 オバマ アメリカ大統領 をお迎えするにあたり、
ホテルオークラ東京 ペントハウスの応接間・玄関に
迎え花をいけさせていただきました。
ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳

ホテルオークラ 石草流生け花 奥平清鳳

1/3 >>
ホテルオークラ東京の全館を飾る石草流華道の生け花。三代目家元である奥平清鳳のもと、
ホテルオークラ創業以来の伝統と格式を守って世界各国のお客様に愛されています。